わかりにくい言葉を使うのはやめよう

こんにちは、こんばんはしゅんたろうです。

surprise(ビックリする)ニュースが流れてましたね。

いや、別にそれほどでもないのかな。まぁそれについては who cars(まぁいいいや)

あの社長のインタビューとか見てると、カタカナマシマシ学術用語マシマシで翻訳すると簡単な事しか言ってないのにそれっぽく聞こえるところがclever(うまい)だなぁっと思っていました。

脳にburden(負担)を掛けさせるだけのガチガチに硬いsentence(文章)を読ませて、simple(単純)な内容を苦労して理解させる。

こうして得られた情報は、信者にとっては信託として作用し、自分は周りと違ってliteracy(リテラシー)のある人材なのだとillusion(錯覚)させるのでしょう。

cleverですねー、cleverすぎる。

ところでそういう人って結構いるよね

先日、このメディアでも深地さんが書いてくれていました

WEB業者って書いてますけど、apparel(アパレル)の人でも結構こう言う人は多いなぁってimpress(印象)です。

ひとつめを訳すと「あの会社とは、予算を握ってるので、今回は取扱店舗数が増えます」ってな感じなんでしょうけど、普通に言ってほしい。

1時間ぐらいのmeeting(会議中)、こんなのばかりだとホントにtired(疲れる)です。

「納品はオンスケでいけそう?」→納品はスケジュール通り?

「ちょっとタイトでバッファが欲しいですけど、大丈夫そうです!」→ちょっとギリギリなので、余裕が欲しいけど大丈夫です。

他にも

「ホールセールに関しても、エージェントではなく、インハウスの人間を採用したいのですが」→卸営業も業務委託ではなく、正社員の人間を採用したい

ってな感じですが、何のtraining(修行)なのでしょうか。

自分の名誉のために言うと、conversational(日常会話)に困らない程度には英語は理解しています。

just because(だからと言って)はっきり言って何を言ってるのだろうって気になります。

いろんなブランドでmeetingとかにattend(参加)していると、こんな事って結構あるんですよね。

いざと言う時にきっと出てしまうから

普段そんなconversation(会話)をしていると、critical(大事)な時に出てしまうからやめた方がいいですよね。

それがまだin house(社内)だけの話ならいいかもしれませんが、対customer(お客様)だったりに同様の会話をしてしまう事だってあるかもしれません。

以前UAの接客に関するarticle(記事)で、

セレクトショップ最大手、ユナイテッドアローズが主力とする衣料品店「グリーンレーベルリラクシング」の秋山光億さん(37)は販売員の平均の4倍近くの売り上げを稼ぐ。ルミネ新宿店(東京・新宿)に勤め、主に男性用のスーツを扱う。ネクタイなどとの組み合わせの知識に「数字やカタカナをなるべく使わない」接客術を加えて、初めて店に来た段階から客を引き付ける。

(中略)

売るためにはまず分かりやすく伝えることを心がける。横文字の専門用語は極力使わない。「ラペル」は「ジャケットの胸の襟」、「テーラードジャケット」は「かっちりとした上着」と言う。

という記事があったのですが、daily(普段)の職場からimprove(改善)していただきたいなんて思います。

まとめ

今のアパレルはThe customer’s point of view(顧客観点)が足りないから、独りよがりなものばっかり作って、売れないなんて言われています。

個人的にはcustomerはGOD(神様)ですなんてridiculous(馬鹿らしい)。もっと自分の好きなもの作ろうよ!と思っていますが、なにも「顧客視点」って言うのは商品機能の話だけではありません。

「顧客がわかる言葉で説明する」と先の引用で言っているように、どんな商品であれ、商品に対してのexplanation(説明)は必要です。

that’s why(だからこそ)「誰でもわかる言葉で説明する」という事を、普段のjob(仕事)から心がけるべきではないでしょうか。

日常でuse(使用)しているword(言葉)って、自分がaware of(意識)していなくても出ちゃうcase(場合)が多いですし。

大事な事なので最後にもう一回言っとくと

カタカナマシマシ学術用語マシマシで翻訳すると簡単な事しか言ってないのにそれっぽく聞こえちゃうので、注意しましょう。

それではまた!!

この記事が面白いと思ったら、もはや日本語は一切使ってないアパレルブランドを始めますので、登録してくれよな→B.A.T.M instagram

しゅんたろう
About しゅんたろう 39 Articles
1986年生まれ。 マロニエファッションデザイン卒業後、OEM企業での企画営業を経てMARKSTYLER社に入社、営業/MDを経験後、新規ブランド開発部門にて部門長としてブランド開発を行う。 退職後、CLANE DESIGNの立ち上げに参画し、ブランドマネージャーとして従事 2017年より独立し、1Q86.LLCを設立。 アパレル企業を中心にマーケティング/営業代行、ブランドディレクションを受託。 2018年にはアパレル生産SaaSの[AYATORI]を運営するDeepValleyの創業にも参画し取締役に就任。

Twitter

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*